2014年10月20日

他の病気が原因で起きる多汗症とは?


 多汗症というのは体温の調節に必要な量よりもたくさん汗が出ることですが、何かの病気が原因で汗がたくさん出ている可能性も十分考えられます。そこで、汗が必要以上に出る病気を調べてみました。案外少ないようです。紹介します。


1.更年期障害

 女性が更年期になると、更年期障害の症状のひとつとに発汗というのがあります。これはかっと汗をかいたと思ったらすぐにひいてしまうというような症状です。更年期というのは性成熟期から生殖不能期への移行期(45〜55歳)です。更年期になると卵巣機能が衰えてくるので、発汗を抑制するエストロゲンというホルモンの分泌が低下するために、このような症状が現れると考えられています。


 多汗症はホルモンの異常が原因という説もあるようです。なので、自律神経が上手く働かなくなるために、ホルモンの分泌も悪く名利、異常な発汗がせ起きているのかもしれませんね。



2.甲状腺機能亢進症

 甲状腺機能亢進症というのは、甲状腺ホルモン分泌が多くなり過ぎて起きる病気です。この病気になると、甲状腺ホルモンが増加するので、基礎代謝が高まります。そのため全身が多汗になるようです。バセドウ病も甲状腺機能亢進症に含まれるようです。この病気もホロモンの分泌のバランスが崩れることによっておこります。


3.褐色細胞腫

 褐色細胞腫というのは、副腎髄質あるいは脊髄に沿った交感神経節細胞にできる腫瘍です。副腎腫瘍の一種である褐色細胞腫になると、アドレナリンが大量に分泌されるために、甲状腺機能亢進症と同じように基礎代謝が高まり多汗になるようです。



 ホルモンの分泌異常によって、多汗になることが多いようですね。汗を異常にかく人は、まずこれらの病気じゃないか疑ってみてください。



【多汗症の基礎知識の最新記事】
posted by sweat at 16:42| 多汗症の基礎知識